スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都旅行~高山寺編~ 
京都旅行最終日は高山寺。

前~にテレビで“鳥獣戯画”の話をやっていたのを姫路実家で見せてもらった事があり二人とも興味を持っていたので、その鳥獣戯画が置いてある高山寺は石水院へ。
s-DH000059.jpg

歩く道は石ころゴロゴロの山道だし駐車場から遠いのかと思っておんぶ紐でさくらをおんぶしたところ、目の前にある大好きな階段を自分で歩きたかったらしく大泣き・・・

結局目的地はスグ近く。。こんなに近いんだったら大泣きさせてまでおんぶする必要なかったな。。。普段なら泣いてもスグに泣き止むさくらですが、やっぱりちょっとしんどいようでちょっとご機嫌斜めです。
s-DH000058.jpg
s-DH000060.jpg

石水院自体は改修工事をやっていて、中には入れたけれど縁側から見える景色がイマイチ。でも、実際に鳥獣戯画が見れたし鳥獣戯画グッズも買えたし、一応満足。


さて。。。京都旅行のシメは知恩院の境内にある・・・たぶん平野家本家。そこで、京名物“いもぼう料理”を食べました。
s-DH000062.jpg
s-DH000063.jpg

左手前の小鉢がその“いもぼう”です。煮崩れしやすい海老芋と味のしみにくい棒鱈。お互いの欠点?を補い合うそうで、平野家本家HP→http://www.imobou.com/によると・・・

棒鱈を炊くときに出る膠質は海老芋を包んで煮くずれを防ぎ、海老芋から出る灰汁は棒鱈を柔らかくします。まさに素材がお互いの性質をうまく作用させた出会いのもの、先人の知恵が生きる料理、それが「いもぼう」なのです・・・ということだそうです。
s-DH000066.jpg


風邪で鼻がつまり味があまり分からないようで、若干食欲が落ちていたさくら。いつもだったら喜んで食べるものもあまり食べず・・・だったけど、このいもぼうは喜んで食べました。
s-DH000065.jpg
s-DH000067.jpg

そんなこんなで、店員さんに愛想をふりまいてたくさん遊んでもらい、おいしいいもぼうを食べたさくらはご機嫌になり。。。1泊2日の京都旅行最後の目的を達成し、京都を後にしたのでした。

帰り道・・・交代で運転するはずが、2日連続の寝不足がたたって爆睡してしまい、気付いたときにはもう姫路。運転どうもありがとうございました。楽しい旅行もありがとうございました。

スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://akikos.blog67.fc2.com/tb.php/247-b83df3ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。