スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくら日記~出産編~ 
鼻の穴からスイカ…
これは、いつの日やったか出産の事でイントラさんと話が盛り上がったときに聞いたお言葉。
こんなん、出るわけないやん…
これは、昨年10月に職場のスタッフが出産をしたとき、新生児室に並ぶ赤ちゃんの中に、たった2時間前に産まれた赤ちゃんを見つけたときの感想。

でもこの日、そんなことすっかり忘れていたし、なんなら物事を考えてる余裕なんて1ミクロンもございませんでした。呼吸するだけで精一杯。


3月9日AM11:00頃
車椅子に乗せられ、分娩室へ移動。
ベッドから車椅子へ、車椅子から分娩台へ…何が辛いって、体を動かすのがツライ。。
分娩室には、えらいたくさんのスタッフがいた(と思う)。

私の水分補給役はダンナ。呼吸を一緒にしてくれるのは実習の学生さんたち3人。助産師さんも、見習いっぽい人が数人と、ベテランさんが2人程。後から、産科の先生、何かあったときの為に小児科の先生もやってきた。みんなに見守られる中、最後の戦い?が始まった。

…とはいえ、何をどうしたらいいのやら???
陣痛の痛みはピークに達し、助産師さんには「ハイ、いきんで~!!」と言われるが…
腹筋に力を入れてみた。。違うらしい。足を踏ん張ってみた。。。これも違うらしい。
スイマセン、勉強不足で。いきみかたが分からんのですけど。

とにかく私がしんどいときは赤ちゃんもしんどいときなので、一生懸命呼吸をして酸素を送る。
もう少し頑張って!あと一息!!もう一回頑張ろうか!etc・・・
私もやっとコツが分かってきて、助産師さん・私・赤ちゃん・ダンナさん・学生さんその他もろもろ、みんなで頑張る。

「頭が見えてきたよ!もう少しだけ頑張って!!」の声で、力いっぱい踏ん張る・・・
赤ちゃんも頑張れ~!!!

AM11:32
ほぎゃ~~~ほぎゃ~~~赤ちゃん、無事に誕生!!!
何とも言えない達成感と、この上ない安心感で胸がいっぱいになった。
そして、たった今産まれたばかりの泣いている赤ちゃんを私の胸にそっと乗せてくれたとき、赤ちゃんは不思議とスグに泣き止んで、新しい命が産まれたんだな~と改めて実感し、自然と涙が溢れてきた。

私もダンナさんも学生さんたちも、涙涙。。
出産の場に何度も立ち会っているはずの助産師さんや看護師さんたちも、目に涙を浮かべて、おめでとう~と言ってくれた。
うれしくてうれしくて、何度も何度も『ありがとう、がんばったね…』と赤ちゃんに声をかけた。
又涙が出てきた。


ベッドに戻り横になっていると、「少しだけおっぱいをあげてみますか?」と、看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれた。
たった今産まれたばかりの、さっきまではお腹の中にいた赤ちゃんが、私の腕の中でおっぱいを飲んでいる。誰に教えてもらったわけでもないのに…赤ちゃんてすごい。。。

その姿が本当に愛おしい。愛おしいっていう言葉の意味が分かった瞬間。
何があっても、絶対に一生この子を守っていこう。
大げさかもしれないけど、自分の命をかけてでも、この子は守ろう。。
又涙が溢れてきた。

命名、さくら
3月9日、産まれてきてくれてありがとう。サンキュー、さくら







スポンサーサイト
 
てぇ #-
 
これだけ愛されて
みんなに見守られて
産まれてきたさくらちゃんは
本当に幸せですね。
感動的な出産シーンが
浮かんでくるようでした。

昨日ミストサウナに入り
いい感じでした。
ありがとうございます。
akko #-
 
さくらだけじゃなくて、てぇさんも、私も、
世の中にいる人たちはみんな、産まれたときは
幸せを運んできてるんだと思います…
すごくすごく大切なコトに気付かせてもらった
出来事でした!
kyoko #-
 
すごく安産だったみたいだね。でも安産でも大変なのものは大変なんだよね・・・記憶に残る素敵な出産ができてよかったね!!
akko #-
 
出産後、安産でよかったね~って言われたけど、
え?大変だったけど安産やった?って思ったもん。
今度、きょうだいを産む日が来れば又同じように
感動するのかなぁ~。。。

秘密にする

 
トラックバックURL
http://akikos.blog67.fc2.com/tb.php/171-1b5a43c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。